2014年09月10日

揚子江気団、今秋の来日を自粛

中国南部に本拠地を置く揚子江気団が、今年の秋の来日を自粛することが情報筋により明らかになった。

揚子江気団は毎年のように春と秋に来日し、爽やかな青空を我が国にもたらしていて、日本の四季になくてはならない存在だった。
しかし、昨今の日本人の対中国感情の悪化に伴い、数年前より揚子江気団は来日の回数を減らし続け、今年秋、ついに「安全が確保できない」として来日を完全に見合わせることとなった。

揚子江気団の来日回数の減少に伴い、日本では、その後釜を狙った夏将軍(小笠原気団)と冬将軍(シベリア気団)が熾烈な戦いを繰り広げており、この戦いのため、豪雨、突風、落雷などの異常気象が相次いでいる。

異常気象に業を煮やした一部の市民の間では、「中国が本拠地だというだけで日本の四季を形作る気団を排斥するのはおかしい」として「歓迎光臨 揚子江気団」「熱烈歓迎 上海雑技団」「起来! 敵人的砲火前進」などの幟を掲げてこの中国からのお客様を呼び戻す動きもある。

しかし、安倍政権の政治姿勢に中国側も態度を硬化させており、揚子江気団の来日自粛が長期にわたる恐れもある。

最も快適な気団が台風の目となってしまった今回の事態、移ろいやすい秋の空のように先行きは見えない。


posted by 藤木ゲルーシ at 13:11| Comment(0) | 嘘ニュース | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。