2014年08月04日

速報・デルピエロ 印に移籍か

元イタリア代表のデルピエロがインドのクラブに移籍する可能性のあることが明らかになった。
移籍先として取りざたされているのは、デリーに本拠地を置く老舗 マハラジャ・サーカス。


posted by 藤木ゲルーシ at 23:56| Comment(0) | 嘘ニュース | 更新情報をチェックする

2014年04月01日

小沢一郎氏、みんなの党渡辺代表を批判

生活の党・小沢一郎代表は、みんなの党・渡辺喜美代表の8億円借入金問題について「私は、世間に知られない形で政治に関係するお金を人様から借りたことはない。」と批判した。

さらに小沢代表は「世間に知られない形での政治資金は、証拠が残らないようにした上で借り入れではなくキチンと頂くのが鉄則。通帳振込みによる借り入れという形式は、証拠が残る上に提供者の気分次第で自分の立場が危うくなる。愚の骨頂。」と、渡辺代表の政治家としての未熟さにも言及した。

ただ「私にはノウハウがある。同じ志を持っていただけるのであれば、協力することにはやぶさかでない。」としてみんなの党との合併にも含みを持たせた。

なお、みんなの党と生活の党が合併した場合、代表は小沢氏が勤める可能性が濃厚であり、党の名前としては「みんなの悪党」が有力視されている。
posted by 藤木ゲルーシ at 20:37| Comment(0) | 嘘ニュース | 更新情報をチェックする

2014年02月11日

広がる波紋 佐村以外にもいたニセ音楽家

佐村氏のゴーストライター事件を受け、音楽界では他にもニセ音楽家がいると指摘されている。

その人物の一人は朝比奈隆氏。

彼はベートーベンの交響曲全曲の演奏会を開き、CDの録音までもしていたが、実際には音を出しているのはオーケストラの楽団員であり、朝比奈氏は彼らの前で棒を振るだけで、一切音を出していなかった。

同様の疑惑は小沢征爾氏、佐渡裕氏をはじめ、20世紀最高の指揮者の一人、ヘルベルト・フォン・カラヤン氏にも及んでいる。

なお、グレン・グールド氏など一部の良識ある演奏家は、指揮者の立場でも必ず鼻歌で演奏に参加していたが、クラシックファンを自称する人々から「鼻歌が耳障り」と酷評されることも多かった。
それゆえに、このニセ音楽家騒動はクラシックファンが招いたものでありクラシックファンもまた猛省が必要だ、との声も聞こえる。
posted by 藤木ゲルーシ at 20:16| Comment(0) | 嘘ニュース | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。